正文館Facebookページ
ご注文承ります
正文館FAX宅配便

カルチャースクエア貸し出し
イベントのご案内

本店大下武氏トークイベント 朝日文左衛門の宮詣り【要予約】

参加は無料ですが、ご予約をお願いいたします。
日時2019年2月2日(土) 10時30分〜12時頃
場所正文館書店 本店 5階会場
参加費無料
定員40名
講師大下 武(おおした たけし)  
1942年生まれ。早稲田大学文学部国史専修卒業。近代思想史専攻。愛知県立高校教諭を経て、春日井市教育委員会文化財課専門員として、1993年から20年間「春日井シンポジウム」の企画、運営に携わる。
現在、NPO法人東海学センター理事。東海学センターは、20年つづいた春日井シンポジウムのあとを受け、民間で歴史シンポジウムの継続を担うために立ちあげられた法人組織。
著書に『城北線 歴史歩き』『愛環鉄道 歴史歩き 上、下』『スカイツリーの街 歴史歩き』(大巧社)、『遠いむかしの伊勢まいり』『元禄の光と翳―朝日文左衛門の体験した「大変」―』『尾張名古屋の歴史歩き』『朝日文左衛門と歩く名古屋のまち』『尾張名古屋の武芸帳―朝日文左衛門の武芸遍歴―』『朝日文左衛門の参詣日記―二つの社と二つの渡し』(ゆいぽおと)がある。
詳細『朝日文左衛門の参詣日記ー二つの社と二つの渡しー』
刊行記念(ゆいぽおと、1400円+税)
著者:大下武氏トークイベント 朝日文左衛門の宮詣り
 
江戸時代に詳細な日記『鸚鵡籠中記』を残した尾張藩士、朝日文左衛門。
 肩書は「百石取り、御城代組同心、御畳奉行」で勤務は月に3回。弓や槍など武芸百般に手を出しても、ものにはならない。ただし、芝居狂いは趣味の範囲を越えていっぱしの演劇評論家。そして、酒好き。
 そんな文左衛門の日記には、伊勢神宮、津島神社、熱田神宮への参拝の記録が残されています。3つの社のいわれと、徒歩と駕籠と船が頼りの当時の宮詣りを今につなぎます。
昨年、好評を博した『尾張名古屋の武芸帳』著者、大下武氏をお招きし、新刊『朝日文左衛門の参詣日記』にまつわるあれこれをお話していただきます。

知立八ッ田店ノラネコぐんだんかるた大会【要予約】

日時2月2日(土)1回目11:00〜11:30 2回目14:00〜14:30
場所正文館書店 知立八ッ田店 カルチャースクエア
対象3歳〜小学生
参加費無料
持ち物なし
定員各回20名
詳細子どもたちに大人気の絵本『ノラネコぐんだんシリーズ』(白泉社)。みんなで楽しくノラネコぐんだんかるたで遊ぼう!
白泉社のひみつをさがせもあるよ! ビッグブッグのよみがたりもするよ! ノラネコぐんだんのグッズも販売するよ!
★参加ご希望のお客様はお電話かインフォメーションカウンターにてお申し込み下さい。 TEL0566-85-2341